競走馬育成パチスロ登場

こんにちは、パタなんだな。

演歌界の大御所・北島三郎氏の持ち馬であるキタサンブラックなど何かと話題となった2016年の競馬界。
2017年も新たなスタートが切られた。
来る2月19日にG1レースの1つであるフェブラリーステークスが行なわれるわけだが…

そのフェブラリーステークスが行なわれる前の2月6日より、競馬をモチーフにしたパチスロ、G1優駿倶楽部が出走予定だ。

このスロットは何と言っても過去にG1戦線で活躍した有名実力馬たちが数多く登場する。
まず自分の競走馬が自動的に選ばれて、新馬戦勝利を目指して競走馬が育成されていく。
そして新馬戦を勝ち抜くことができたらART突入で、G1戦線を勝ち進んでいくことでARTを継続させていくゲーム性なのだ。
そして世界最高峰レースである、現実ではまだ日本馬が勝ったことがない凱旋門賞の勝利がまた狭き門だが…これに成功すると高ループ率のARTが待っている。

以上、競走馬が接戦を制して勝利するところを想像しながら登場を待つのだな。

SNS投稿用_G1優駿倶楽部